電気工事でアンテナ取り付けと換気扇交換をしておけばプレハブが快適

プレハブの電気工事はプロに任せよう

プレハブ住宅の配線工事

作業員

電気工事業者は、住宅での電気に関するトラブルや故障などに対応することができ、状況に応じた工事を行なっています。また、電気工事業者は、住宅だけでなくプレハブ住宅の工事も行なってくれます。また、プレハブ住宅の電気工事が新規であれば、電気配線工事をしてくれます。プレハブ住宅の工事内容としては、配線を分電盤や外部に取り付けます。それから、室内の配線としては外部配管施工を行なって、床下に配線します。また、プレハブ住宅の照明がつかなくなったなどの故障でも対応しているので、電気工事を行なうのであれば問い合わせてみましょう。

電気工事業者が行なってくれるサービス内容

アンテナ取り付け工事
アンテナ取り付け工事を行なう際は、レベル測定器を使用して電波の強さを調べます。なぜなら、電波は住んでいる地域や立地条件などによって異なるので、測定器を使用して電波の強さを調べる必要があるからです。電波状況に適した工事を行なえば、テレビ映像が見えづらいということはなく、高画質で映像を見ることができます。レベル測定器を使用した工事を行なうので、正確なアンテナ取付け作業をしてくれます。
スイッチ修理
電気工事業者では、スイッチ修理も行なっています。例えば、スイッチを入れても部屋の電気が付かないといったトラブルを解決することができます。修理をする際は現地調査を行ない、症状や原因を調べてから作業を進めていきます。スイッチ修理では、故障したものを直してくれるだけでなく、機能性の高いタイプに交換してもらうことも可能です。交換をする際は料金が発生しますが、通常タイプのものであれば約1000円で変えることができます。
換気扇交換
換気扇は、室内の空気を排出したり、入れ替えをしたりなどの役目があります。換気扇は室内やキッチンだけでなく、トイレや風呂場にも取付けられています。しかし、長く使用する設備なので定期的な点検が必要になります。また、換気扇が古くなってきたなと感じたら、電気工事業者では換気扇交換を行なっています。取り付ける換気扇の種類や場所によって価格は異なりますが、ニーズに沿ったものを紹介しています。

プレハブのアンテナ取り付けは意外と危険

平均的なプレハブの高さ

1階建てのプレハブにアンテナを取り付けようと思いますが、素人では難しいですか?
プレハブの平均の高さとしては2mを超えます。脚立に登り、作業することで自分でもアンテナを取り付けられると思い込んでいる人もいますが、素人の方が行なうのは非常に危険です。場合によっては、作業中に誤って転落してしまう可能性があります。2mと聞くとあまり高くないと思われがちですが、転落して骨折をしてしまい全治6週間と診断された方もいます。
アンテナ工事を自分で行なう際の注意点はありますか?
アンテナ工事を行なう際は、屋根に登って作業を行ないます。しかし、一般的に屋根に登るという経験はほとんどないという方が多いでしょう。はしごなどを使って屋根に登ることができますが、不用心に屋根に登るのは大変危険だといえます。登る時より降りる時の方が危険で、屋根から降りる際に転落してしまうパターンが多いです。また、怪我をしてしまうだけでなく、アンテナ工事の作業を行なう際に、アンテナやボルトなどをしっかり固定できずに、中途半端な作業になってしまうこともあります。

プロに任せた方が安全

アンテナが落下する危険もある(電気工事士)

プレハブにアンテナ設置を行なうとなると、強風や台風などによってアンテナや部品が飛んで行なってしまうことがあります。飛んで行ったことで焦ってしまい足を滑らせて自分が怪我をしてしまう可能性があります。また、プレハブの下や周辺に洗濯物や庭の手入れなどをしている家族がいれば、ケガをしてしまう危険もあります。その他にもいくつかトラブルが考えられますが、万が一のことも考えて、自分でアンテナ設置をするのではなく、電気工事業者に依頼した方が安全です。

TOPボタン